ウェディング

結婚指輪ならハワイアンジュエリーがおすすめ!

昔と現代の違い

カップル

ジュエリーの歴史

ハワイアンジュエリーの歴史は非常に古く、実はルーツとなっているのがイギリスと言われています。19世紀頃にイギリスのヴィクトリア王朝時代に誕生したと言われているのです。当時ハワイとイギリスの親交が非常によくて、当時イギリスで流行していたジュエリーがハワイへと伝わり、あの魅力的なハワイアンジュエリーが誕生したのです。イギリスでジュエリーが流行していた際に、大事な人への信頼の証の贈り物としていました。ハワイアンジュエリーでもその大切な人への贈り物の歴史はしっかりと引き継ぎされ、ハワイで流行った際にも大切な家族や恋人、友人や恩師など様々な人々が贈りあったと言われています。そのような歴史が多くの方に知れ渡り、改めのジュエリーのルーツが見直されています。現在のハワイアンジュエリーは代表的なものだと指輪やネックレスが一般的に見かける事が多いでしょう。その他にもイヤリングやピアス、ブレスレットなどもハワイアンジュエリーとして日本では扱われています。最近では扱うお店も増えて、結婚指輪や婚約指輪などでハワイアンジュエリーを選ぶ人も増えてきています。何といっても最大の魅力は指輪に刻み込まれるモチーフや全体的なデザインでしょう。これらの点がハワイアンジュエリーの素晴らしいとことです。刻み込まれるモチーフも飽きのこない、時間がたつにつれてさらに魅力的になっていくので結婚指輪にはぴったりの指輪ではないかと思います。オーダーメイドで作成すれば世界に二つだけの指輪にもなります。そしてオーダーメイドで作製したとしても手頃な費用なところも魅力の一つなのです。