介護の負担を少しでも減らそう|糖尿病食の宅配業者を利用すべし

早めの対策が大切

お弁当

たんぱく質を控える

腎臓は体内の不要物を体外に排出する重要な臓器で、もし腎臓が機能を失ってしまうと人工透析をしなければいけなくなります。腎臓の機能が低下して腎臓病と診断された場合には、薬物療法とともに重要になってくるのが食事療法です。腎臓病食の基本は腎臓に負担のかかる成分をなるべく摂取しないようにすることです。腎臓に負担がかかる成分として、たんぱく質と塩分があげられ、他にも人によってはカリウムの制限が必要な人もいます。ご飯やパンは炭水化物の食べ物と考える人が多いですが、かなりの量のたんぱく質が含まれています。腎臓病になると1日に摂取できるたんぱく質の量を50グラム、摂取カロリーは1400kcalのように指定されますが、たんぱく質を控えるとカロリーを取りにくく、逆にカロリーを取ろうとするとたんぱく質がオーバーしてしまうという悪循環に陥ってしまいます。そこで腎臓病食には宅配サービスを利用すると、たんぱく質やカロリー、それに塩分やカリウムなどの制限にあわせた食事を届けてくれるので、難しい計算や悩ましい献立を考えなくてもよくなります。腎臓病食を作ってくれる宅配サービスは全国にあり、腎臓の機能が低下した人は早いうちから腎臓病食を宅配サービスで頼むようにして、それ以上悪化しないように対策してください。宅配サービスの腎臓病食は、どうしても味気なくなってしまいがちな病気の食事なのに、多彩なメニューやボリュームを考えてくれるので食事の時間を楽しいものとしてくれます。